国民年金保険料納付書をお送りします(日本年金機構)

日本年金機構は、国民年金保険料納付書をお送りしますと発表しました。

過年度(平成29年度、平成30年度)に国民年金保険料の納め忘れと思われる期間がある方へ、納付書をお送りします。

発送日

令和元年7月17日(水曜) 郵便局持込み
(悪天候等の郵便事情により配達が遅延することがあります)

お送りするもの

送付書
国民年金保険料納付書
リーフレット

  • 送付書に国民年金保険料を納めていない期間、金額、使用期限を記載しています。送付書中の「納付状況の記号の説明」の詳細はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 71KB)をご覧ください。
  • 令和元年6月13日時点の情報に基づき発行していますので、すでに納めた期間や免除等が承認された期間が未納と表示されている場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 毎月順次納付されている方にも、国民年金保険料を納めていない期間がある場合は納付書が送られることがあります。

【行き違いの例】

  • 保険料の免除等申請が審査中のとき
  • 令和元年6月13日の直前に納めたとき(※)
    ※金融機関等で保険料を納めた情報が日本年金機構に届くまでに数日間かかるため。

保険料の納め方

  • お近くの金融機関・郵便局・コンビニエンスストアなどで納めてください。
  • ATMやインターネットバンキングによる電子納付がご利用できます。電子納付に関してご不明の点は、ご利用の金融機関等にお問い合わせください。

その他

  • ご不明な点は、お近くの年金事務所または封筒の裏面に記載されている、日本年金機構が保険料の収納業務を委託している民間事業者へご連絡ください。なお、平成29年7月13日以降、委託事業者の訪問員による収納業務を中止していることから現金をお預かりすることはありません。
  • 国民年金保険料は、納期限(納付対象月の翌月末日)から2年以内であれば納めることができます。納期限(納付対象月の翌月末日)から2年を過ぎると、時効により納めることができなくなります。

★老齢年金・障害年金・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40