平成 30 年度租税滞納状況について (国税庁)

国税庁は、平成 30 年度租税滞納状況について発表しました。

(ポイント)
滞納整理中のものの額は、平成 11 年度以降、20 年連続で減少し、ピーク時 (平成 10 年度、2兆 8,149 億円)の 28.8%になりました。
新規発生滞納額は、過去最も多かった平成4年度(1兆 8,903 億円)の 32.5%と、引き続き低水準となっています。
滞納発生割合は、平成 16 年度以降 15 年連続で2%を下回り、国税庁発足以来、最も低い割合となっています。

詳細は、こちらをご覧ください。

★労使問題・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40