「無期転換制度の導入事例」(厚生労働省公表)

厚生労働省は、下記「無期転換制度の導入事例」を発表いたしました。制度の定着化に向け今後とも情報発信していくようです。

1 無期転換制度の導入事例について
労働契約法の改正により有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申し込みによって企業などの使用者が無期労働契約に転換しなければならないルール(無期転換ルール)が導入されています。
「無期転換ルール」を定めた改正労働契約法が平成25年4月1日に施行され、平成30年4月には通算5年目を迎えます。

厚生労働省では、正社員化を含め無期転換制度の導入を予定している企業に参考としていただくため、平成30年4月に先立って、正社員化を含めた有期契約労働者の無期労働契約への転換に取り組んでいる企業(9社:取組事例の紹介にご協力をいただいた企業)の導入事例を公表いたします。
導入事例は、厚生労働省webページへ掲載し、今後順次追加していく予定としています。

2 労働契約等解説セミナーの開催について
無期転換制度の導入を支援するため、厚生労働省は平成27年11月から全国47都道府県において、労働契約等解説セミナーを開催します。
このセミナーでは、法令の説明に加え、無期転換制度の具体的な導入方法のほか、先行している企業の導入事例の紹介を行います。
また、セミナー終了後に相談ブースを設け、無期転換制度の導入に関する個別の相談に応じます。

3 無期転換ルールの特例として高年齢者等に対する特例が設けられています
無期転換ルールには、「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」 により特例が設けられています。
この特例について、平成27年4月1日~8月31日までの間に全国の都道府県労働局で1,236件の認定を行っており、認定件数は増加傾向にあります。

本件の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40