11月は「ねんきん月間」・11月30日は「年金の日」です (厚生労働省)

厚生労働省は、「11月は「ねんきん月間」・11月30日は「年金の日」です 」を発表しました。

(発表内容)
厚生労働省では、平成26年から毎年11月30日(いいみらい)を「年金の日」としており、趣旨に賛同いただいた団体等と協働して、「ねんきんネット」等を利用して年金記録や年金受給見込額を確認していただき、高齢期に備え、その生活設計に思いを巡らしていただくことを呼びかけています。
また、日本年金機構は厚生労働省と協力して、11月を「ねんきん月間」と位置づけ、国民の皆様に年金制度に対する理解を深めていただくため、公的年金制度の普及・啓発活動を展開します。
公的年金制度の仕組みや自分の年金について考える機会にしてみてください。

○ 民間との協働イベント
「年金の日」の賛同団体やその会員等(金融機関、生命保険会社など)で実施する年金相談会等において「年金の日」の趣旨や「ねんきんネット」の周知を実施します(詳細はこちらをご覧下さい。)。

○ 「ねんきん月間」の取組
日本年金機構において、出張相談や年金セミナーなどを実施します。
(詳細は日本年金機構ホームページ(http://www.nenkin.go.jp/service/nenkingekkan/gaiyou/2016.html)にて随時更新予定です)。

○ 厚生労働大臣表彰
日本年金機構が募集した「わたしと年金」エッセイの応募者(1,341名)の方から、優秀な作品について、厚生労働大臣賞及び日本年金機構理事長賞を授与します(詳細については、別途お知らせします)。

年金・障害年金のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」へ!

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40