集団予防接種などの際の注射器の連続使用によりB型肝炎ウイルスに感染した方に対し、B型肝炎特別措置法に基づく給付金などが支給されます(政府広報オンライン)

政府広報オンラインでは、B型肝炎特別措置法に基づく給付金の案内を発表しています。

B型肝炎ウイルスの感染経路の一つに、幼少期に受けた集団予防接種などの際の注射器の連続使用があります。この集団予防接種などの際の注射器の連続使用によりB型肝炎ウイルスに感染した方々を救済するため、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法(以下、「B型肝炎特別措置法」)」に基づき、対象となる方に給付金などが支給されます。なお、対象者の認定は、裁判上の和解手続などにおいて行います。

INDEX
1.幼少期に受けた集団予防接種などの際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方を救済するための「B型肝炎特別措置法」があります
2.B型肝炎特別措置法に基づく給付金などの対象者の認定は、裁判上の和解手続などにおいて行います
3.給付金などは、支払基金を通じて支給されます
4.B型肝炎訴訟や給付金などの請求手続に関する「電話相談窓口」を設置しています
5.B型肝炎は、ウイルスに感染していても、本人の自覚症状がないことが多いと言われています。まずは肝炎ウイルス検査を受けましょう

具体的な内容は、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40