確定拠出年金制度の主な改正(平成29年1月1日施行 厚生労働省)

厚生労働省は、平成29年1月1日施行の確定拠出年金の改正について発表しました。
(制度の改正内容)
・働き方の多様化等に対応し、確定拠出年金制度の普及・拡大を図るとともに、老後に向けた個人の継続的な自助努力を支援するため、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者範囲の見直し等を行います。
(1)iDeCoの加入可能範囲の拡大
労働の多様化が進む中、生涯にわたって継続的に老後に向けた自助努力を可能とするため、iDeCoについて、第3号被保険者や企業年金加入者(※)、公務員等共済加入者を加入可能とする。
※企業型DC加入者については、規約に定めた場合に限る。
(2)iDeCoからの脱退一時金の見直し(確定拠出年金法 附則第3条関係)

詳細は、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40