雇用保険法等の一部を改正する法律の概要(厚生労働省)

厚生労働省は、「雇用保険法等の一部を改正する法律の概要」を発表しました。

1.失業等給付の拡充(雇用保険法)
2.失業等給付に係る保険料率及び国庫負担率の時限的引下げ(雇用保険法、徴収法)
3.育児休業に係る制度の見直し(育児・介護休業法、雇用保険法)
(1)原則1歳までである育児休業を6か月延長しても保育所に入れない場合等に限り、更に6か月(2歳まで)の再延長を可能にする。
(2)上記に合わせ、育児休業給付の支給期間を延長する。
4.雇用保険二事業に係る生産性向上についての法制的対応(雇用保険法)
雇用保険二事業の理念として、「労働生産性の向上に資するものとなるよう留意しつつ、行われるものとする」旨を明記する。
5.職業紹介の機能強化及び求人情報等の適正化(職業安定法)

詳細は、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40