「過労死等ゼロ」緊急対策を踏まえたメンタルヘルス対策の推進について

厚生労働省労働基準局長は、「過労死等ゼロ」緊急対策を踏まえたメンタルヘルス対策の推進について通達を発表しました。
昨今の、マスコミを賑わせた事件が背景にありますので、注意が必要です。

<概要>
精神障害に関する労災請求・支給決定件数は増加傾向にあり、また、大企業においても過労による自殺事案が繰り返し発生するなど、過労死等の防止に対する社会的要請はかつてなく高まっている。このような問題意識のもと、今般とりまとめられた緊急対策を踏まえ、メンタルヘルス対策については、以下の取組を実施することとする。
(1)精神障害に関する労災支給決定が行われた事業場及び企業の本社事業場に対するメンタルヘルス対策の特別指導の実施
(2)違法な長時間労働が認められる等の事業場に対するメンタルヘルス対策の指導の充実
(3)パワーハラスメントの予防・解決に向けた周知啓発の徹底
(4)長時間労働等によりハイリスクな状況にある労働者を見逃さない取組の徹底

詳細については、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40