「職場意識改善助成金」のご案内(厚生労働省)

社会保険労務士連合会に対し、厚生労働省より「職場意識改善助成金」の周知の依頼がございました。
助成金の一つとして、社内改革の一環として活用してみては、いかがでしょうか。

平成29年3月28日に「働き方改革実現会議(議長:内閣総理大臣)」で決 定された「働き方改革実行計画」において、時間外労働の上限規制の導入のほか、勤務 間インターバル制度の普及促進やテレワークの導入支援など、働き方改革の実現に向け た取組が示されました。 経営基盤が脆弱である中小企業事業主においても、労働時間の短縮、年次有給休暇の 取得促進等の働き方改革に、積極的に取り組んでいただく必要があり、その際、職場意識改善助成金を活用することも可能です。 本助成金が有効に活用されるためには、各企業の実情を理解する社会保険労務士の皆 様に正しく本助成金について理解していただくことが重要と考えており、都道府県社会 保険労務士会(以下「都道府県会」という。)において今年度実施される会員(社労士) 向けの研修の場(都道府県レベル)において、これら助成金の説明等(30 分程度)をさ せてもらいたいと考えています。 つきましては、本趣旨を理解していただき、都道府県会に対してその旨周知していた だきますようお願いします。

続きは、こちらをご覧ください。

助成金の活用のご相談は、どこよりも相談しやすい「KKパートナーズ」へ!

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40