平成 29 年度 新入社員「働くことの意識」調査結果 (公益財団法人 日本生産性本部/一般社団法人 日本経済青年協議会 )

公益財団法人 日本生産性本部の「職業のあり方研究会」(座長 岩間夏樹)と一般社団法人 日 本経済青年協議会は、26 日、平成 29 年度新入社員 1,882 人を対象にした「働くことの意識」調 査結果を発表しました。
この新入社員の意識調査は、昭和 44 年度に実施して以来 49 回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。
主な調査結果は、こちらをご覧ください。

世相を反映しており、興味深い結果になっています。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40