提出期限を過ぎた「平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出について(日本年金機構)

日本年金機構は、提出期限を過ぎた「平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出についての手続きについて発表しました。

平成29年8月より、平成30年分の「扶養親族等申告書」を、平成29年9月29日を提出期限として、お送りしています。
平成30年分の「扶養親族等申告書」を提出期限が過ぎてから提出されると、平成30年2月支払時に申告内容を反映させることができず、一時的に控除なしで源泉徴収額計算が行われる場合があります。その場合でも、機構で申告書の登録処理を行った時点で2月支払分まで遡って源泉徴収額の再計算を行い、税額の還付等を行います。
このため、提出期限を過ぎていても、早めに提出してください。

ご相談窓口

※「扶養親族等申告書」の提出に関する相談窓口は日本年金機構の上記各窓口となります。
市区町村、厚生労働省などではご相談に対応できませんので、お問い合わせの際はお気を付けください。

「扶養親族等申告書」の提出に関するQ&A

当ホームページに「扶養親族等申告書」に関するQ&Aを掲載しておりますので、こちらもご利用ください。

(現在お問い合わせが多いご照会の一例)

関連リンク

「扶養親族等申告書」の提出に関する情報はこちらをご覧ください。

本文ここまで

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40