平成29年「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」結果(経済産業省)

経済産業省は、平成29年「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」結果を発表しました。
賃上げに関し、大企業のみならず中小企業の正社員と非正規労働者に分けて方法、賃上げの理由、金額等が分析されており大変参考になる資料です。

(内容)
経済産業省では、「経済の好循環」実現に向けた施策の一環として、平成26年より、中小企業・小規模事業者における賃上げ状況を含む雇用状況に関する調査を実施しています。本年においてもアンケート調査を実施し、この度、集計結果を取りまとめました。

調査概要

平成29年の春闘妥結結果等を踏まえた中小企業・小規模事業者における賃上げ状況を含む雇用状況等を把握し公表するため、本年6月に3万社に調査票を送り、回答のあった8,310社の状況について、集計結果を取りまとめています。

集計結果の概要等

「中小企業の雇用状況に関する調査集計結果」は、以下の別添のとおりです。
平成29年度に賃金の引上げを実施した企業の割合は、正社員で66.1%、非正規社員で36.5%となり、前年を上回る結果となりました。

参考

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40