ハラスメントと暴力に関する実態調査 (日本労働組合総連合)

日本労働組合総連合は、「ハラスメントと暴力に関する実態調査 」について発表しました。
大変詳細な資料となっており、社内の体制を見直す上で参考にして頂ければ幸いです。

(調査方法の概要)
日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津 里季生)は、職場やプライベートにおける ハラスメントと暴力に関する実態を把握するため、2017年10月26日~10月27日の2日間、「ハラスメントと暴力に関する実 態調査」を、インターネットリサーチにより実施し、全国の18歳~69歳の有職男女1,000名の有効サンプルを集計しました。 (調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

(調査内容のポイント)
・職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある人は5割半ば
・配偶者から暴力を受けたことがある 女性では3人に1人以上、男性も4人に1人が経験
・交際相手から身体的暴力を受けた人の半数近くが「生命の危険を感じた」と回答
・配偶者や交際相手などからの暴力による影響は仕事面にも “仕事のやる気がなくなる
・ミスが多くなる”は4人に1人、“仕事をやめた”は10人に1人

詳細は、こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40