2017年人事・労務に関する トップ・マネジメント調査結果(日本経済団体連合会)

日本経済団体連合会は、「2017年人事・労務に関する トップ・マネジメント調査結果」を発表しました。
大企業中心ではありますが、昨年の人事・労務の論点とそれに対する取り組み状況が分かり易く、まとめられています。
皆様の参考になれば幸いです。

< 目次 >
[ページ] Ⅰ.調査の概要……………………………………1
Ⅱ.調査結果
1.労使交渉・協議等における議論、労働条件等の見直し..1
2.働き方改革と労働生産性向上の取組み…………….4
3.同一労働同一賃金ガイドライン案への対応…………7
4.健康経営の取組み…………………………….8
5.転勤の現状と取組み…………………………..10
6.若年社員の定着………………………………12
7.障害者雇用の促進…………………………….13

詳細は、こちらをご覧ください。

★人事・労務のご相談は、どこよりも相談しやすいKKパートナーズにご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40