「働き方・休み方改善ポータルサイト」(厚生労働省)

厚生労働省は、「働き方・休み方に関する「課題別の対策」ページを開設しました」と発表しました。
ワークライフバランスの一環として、ご覧頂ければ幸いです。

課題別の対策

「働き方・休み方改善指標」を用いた診断・コンサルティングを数十社に対して実施し、その結果確認された働き方・休み方に関する課題について、以下のように『意識』『マネジメント』『仕事特性』『実態把握』に分類しています。
自社の課題に近い課題がありましたら、提案された対策をご覧になり、対策検討の参考としてください。

  • 意識に問題あり

    「意識に問題あり」には、トップの意識、管理職の意識、組織・職場の風土、一般社員の意識といった課題があります。
  • マネジメントに問題あり

    「マネジメントに問題あり」には、体制・組織・仕組み(推進体制、規定等)、管理職の部下マネジメントといった課題があります。
  • 仕事特性、仕事のやり方に難あり

    「仕事特性、仕事のやり方に難あり」には、仕事の進め方(業務標準化等)、仕事量の偏り(部署・時期)、顧客都合の業務による調整難、人材不足といった課題があります。
  • 働き方・休み方に関する実態把握に問題あり

    「働き方・休み方に関する実態把握に問題あり」には、働き方・休み方の実態把握や社員の意識の把握に課題があります。

★人事・労務のご相談は、どこよりも相談しやすいKKパートナーズにご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40