平成30年度における国民年金保険料の前納額について(厚生労働省)

厚生労働省は、「平成30年度における国民年金保険料の前納額について」案内を発表しました。
マイナス金利で預金金利が付かないことを考えますと、大変お得な制度と言えます。

(1) 6ヶ月前納の場合の保険料額(平成 30 年4月~平成 30 年9月分の保険料または平成 30 年 10 月~平成 31 年3月分の保険料が対象)
・口座振替の場合:96,930円(毎月納める場合より1,110円の割引)
・現金納付の場合:97,240円(毎月納める場合より 800円の割引)

(2)1年前納の場合の保険料額(平成 30 年4月~平成 31 年3月分の保険料額が対象)
・口座振替の場合:191,970円(毎月納める場合より4,110円の割引)
・現金納付の場合:192,600円(毎月納める場合より3,480円の割引)

(3)2年前納の場合の保険料額 (平成30年4月~平成32年3月分の保険料額が対象)
・口座振替の場合:377,350円(毎月納める場合より15,650円の割引)
・現金納付の場合:378,580円(毎月納める場合より14,420円の割引)
※クレジットカード納付の前納の保険料額は現金納付と同じ金額になります。

詳細は、こちらご覧ください。

★老齢年金・障害年金のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40