届書作成プログラムにおいて雇用保険の届書が正しく作成できない事象及び対応について(日本年金機構)

日本年金機構は、届書作成プログラム(Ver.17)において雇用保険の届書が正しく作成できない事象及び対応について発表しました。
1.事象
平成30年3月2日に当該ホームページに公開した届書作成プログラムVer.17に一部不具合が発生しました。
具体的には、届書作成プログラムで登録されている事業所情報が、2.で記載する条件に合致する場合において、雇用保険の届書(資格取得届、資格喪失届、転勤届、個人番号登録届)を作成する際、プルダウンで「事業所整理記号」を選択すると、選択した事業所とは別の事業所の「雇用保険適用事業所番号」と「事業所名」が表示され、出力するCSVファイルも選択した事業所とは別の事業所情報が設定され、雇用保険の届書が正しく作成されないという事象です。
このため、1つの事業所情報しか登録していない場合や2.で記載する条件に合致しない場合は、不具合は発生しません。
また、社会保険関係の届書についても、上記不具合は発生しません。
2.不具合事象が発生する条件
届書作成プログラムで登録されている事業所情報が以下の2つの条件を同時に満たす場合に発生します。
使用されている届書作成プログラムの「事業所情報登録画面」において、社会保険の事業所整理記号(数字下二桁+カナ)の数字部分が同一の事業所が複数あり、その事業所の中に社会保険の事業所整理記号のカナ文字に「ヲ」を含む事業所が存在する。
届書作成プログラムVer.17を使用している。
(具体例)

3.当面の対応
現在、不具合の修正に係る対応を行っており、修正が完了次第、改めてご連絡いたします。
このため、不具合事象が発生する条件に合致する場合には、雇用保険関係の届書については、当該ホームページで公開している改修前の旧バージョンの届書作成プログラム(平成29年1月4日に公開した届書作成プログラムVer.16)をダウンロードのうえ、電子申請又は電子媒体で届出いただくか、紙による届出での対応をお願いします。(同一のパソコンにVer.16とVer.17を同時にインストールすることができませんので、別のパソコンをご用意いただく必要があります。)
なお、社会保険関係の届書については、届書作成プログラムVer.17を使用していただき申請して下さい。
また、既に届出済の届書について、当該不具合事象が発生する条件に合致し、「雇用保険適用事業所番号」と「事業所名」が正しくない状態で届出がされていることが判明した場合の雇用保険関係の手続等については、下記に記載の問い合わせ先(事業所を管轄するハローワーク)にご連絡願います。
※修正後の届書作成プログラムについては、今回の不具合の修正及び雇用保険関係の届書に係る制度改正による変更を取り込んだバージョンを当該ホームページに掲載する予定としております。
【問い合わせ先】
(届書作成プログラムの使用方法等に関すること)
日本年金機構電子申請・磁気媒体申請照会窓口(ヘルプデスク)
TEL 0570-058-555
なお、雇用保険関係手続の届出等に関することについては、事業所を管轄するハローワークにお問い合わせ願います。

★障害年金・老齢年金の申請については、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40