若者の採用・育成に積極的な中小企業を認定する制度 「ユースエール認定制度」(厚生労働省)

厚生労働省は、若者の採用・育成に積極的な中小企業を認定する制度「ユースエール認定制度」を紹介するサイトを掲載しました。採用で苦労されている事業主の方は、一度検討してみては如何でしょうか。
条件は厳しいですが、採用で差別化が図れ、優秀な社員を採用できるメリットは大変大きいものです。

「ユースエール認定制度」とは

若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業(常時雇用する労働者が300人以下)を若者雇用促進法に基づき、厚生労働大臣が認定する制度です。

  • ユースエール認定

認定について

主な認定基準

● 若者(新規学卒者や3年以内の既卒者など)対象の正社員の求人申し込みまたは募集を行っている

● 若者の採用や人材育成に積極的に取り組む企業である

● 直近3事業年度の正社員として就職した新卒者等の離職割合が20%以下(※直近3事業年度の採用者数が3人または4人の場合は、離職者数が1人以下であれば可とする)

● 前事業年度の正社員の月平均所定外労働時間が20時間以下かつ、月平均の法定時間外労働が60時間以上の正社員が1人もいない

● 前事業年度の正社員の有給休暇の取得率が70%以上または年平均の取得日数が10日以上(※有給休暇に準ずる休暇として、一定の条件を満たす休暇(夏季休暇など)が含まれる場合がある)

● 直近3事業年度において、男性労働者の育児休業等の取得者が1人以上または女性労働者の育児休業等の取得率が75%以上

● 若者の雇用情報(新規学卒者の採用数・離職者数、平均勤続年数、研修制度の有無など)について公表している

認定実績

平成30年3月末時点で、367社「ユースエール認定」が認定を取得しています。

職場情報総合サイトでは、「ユースエール認定制度」を取得している企業の職場情報を検索することが出来ます。
就職活動中の学生や求職中の方は、企業について比較検討する際にご活用ください。

具体的に確認できる主な情報

  • 新卒者の採用・定着状況 (前年度/2年度前/3年度前)
  • 採用における競争倍率の男女比(男性を1倍とした時の女性の倍率)
  • 職場見学・職場体験の受入可否
  • 採用における男女別の競争倍率
  • インターンシップの受入可否
  • 平均継続勤務年数(男女別)
  • 男女別採用10年前後の継続雇用割合
  • 36協定の上限(特別条項を含む)
  • 正社員の有給休暇取得日数
  • 従業員の平均年齢
  • 月平均所定外労働時間

「ユースエール認定」についてもっと詳しく知りたい方
>> ユースエール認定制度(厚生労働省Webサイト)

「ユースエール認定」を取得している企業について知りたい方
>> 若者雇用促進総合サイト

「ユースエール認定」の申請をしたい企業の方
>> 「若者の採用・育成に積極的で雇用管理の優良な中小企業を応援します!
(厚生労働省パンフレットPDF)

★新規採用時には、雇用助成金の申請もお忘れなく!
雇用助成金のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40