2018年版ものづくり白書 「概要」(経産省・厚労省・文科省)

経産省・厚労省・文科省は、「2018年版ものづくり白書」を発表しました。
大規模な環境変化の中で、経営者が共通認識として持つべき危機感についてサマリーされており、必見です。

○「ものづくり白書」とは 
「ものづくり基盤技術振興基本法」(議員立法により平成11年成立・施行)に基づく法定白書。 今回で18回目。  経済産業省・厚生労働省・文部科学省の3省で執筆。
○構成(案)
第1部 ものづくり基盤技術の現状と課題 
第1章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望(経済産業省) 
第2章 ものづくり人材の確保と育成(厚生労働省) 
第3章 ものづくりの基盤を支える教育・研究開発(文部科学省)
第2部 平成29年度においてものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策

2018年版ものづくり白書(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告)

★就業規則の見直し、新規作成のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40