平成 30 年度 新入社員「働くことの意識」調査結果 (日本生産性本部)

日本生産性本部は、「平成 30 年度 新入社員「働くことの意識」調査結果」を発表しました。

平成 30 年度 新入社員「働くことの意識」調査結果のポイント

●「働く目的」では、過去最高だった昨年より減少したものの「楽しい生活をしたい」(昨年度 42.6%→今年度 41.1%)が過去最高水準で最も多く、続く「経済的に豊かな生活を送りたい」が(26.7%→30.4%)で過去最高を更新した。
一方、「自分の能力をためす」は過去最低(10.9%→10.0%)、一時期増えていた「社会に役立つ」(9.2%→8.8%)は減少が続いている。…2頁参照
●「人並み以上に働きたいか」では、「人並みで十分」が過去最高を更新(57.6%→61.6%)し、6割を初めて超えた。減少が続く「人並み以上に働きたい」(34.9%→31.3%)との差も過去最高の 30.3%(昨年度 22.7%)に開き、2倍近い差となった。…3頁参照
●「デートか残業か」では、「残業」が(71.0%→68.5%)で「デート」(28.7%→30.9%)と、「デート派」が3割に戻した。…4頁参照
●「若いうちは進んで苦労すべきか」では、「好んで苦労することはない」が過去最高(29.3%→34.1%)となった。…5頁参照
●「どのポストまで昇進したいか」では、「社長」が過去最低(10.3%)で過去最高だった「主任・班長」の 10.4%を下回った。また、過去最高水準の「どうでもよい」(17.4%)が、これまで一番多かった「専門職」(16.5%)を抜いて、今年は一番多かった。…6頁参照

詳細は、こちらをご覧ください。

★就業規則のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40