GDPRセミナーの開催について(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「GDPRセミナーの開催について」発表した。
ご興味のある方は、お申し込みください。

(内容)
個⼈情報保護委員会は、11⽉20⽇(⽕)、イザベル・ファルク=ピエロタン⽒(仏・情報処理と⾃由に関する国家委員会(CNIL)委員⻑)を始めとする国内外の有識者をお招きし、GDPR(⼀般データ保護規則)に 関するセミナーを、以下のとおり開催することとしましたので、お知らせします。どなたでも参加できますが、 専⽤ウェブサイト(https://event1811.ppc.go.jp/)で事前のお申し込みが必要です(参加費は無料)。 本セミナーにおける GDPR の執⾏状況、海外の対応事例及び⽇本企業の現状等に関する有識者の講演・パ ネルディスカッションを通じて、⽇本の企業の皆様が GDPR に対応する際の考え⽅を提供する機会となることを期待しています。

1.⽇時 平成30年11⽉20⽇(⽕)14:00〜17:00(開場 13:30)

2.場所 ハイアットリージェンシー東京(東京・新宿)定員400名(先着順)

3.主催 個⼈情報保護委員会 後援 ⽇本経済新聞社

4.プログラム内容及び登壇者
GDPRセミナーへのお申し込み及び詳細は、以下の専⽤ウェブサイトをご参照ください。
https://event1811.ppc.go.jp/ 

【セミナーに関するお問い合わせ先】
GDPRセミナー事務局(株式会社クリエイティブ・ネットワーク)
電話番号:03-5159-2216(⼟・⽇、祝⽇を除く 10:00〜17:00)

登壇者及び内容 主催者挨拶 熊澤 春陽(個⼈情報保護委員会委員)
特別講演①
「GDPR適⽤開始から約半年間を経て」
イザベル・ファルク=ピエロタン ⽒(情報処理と⾃由に関する国家委員会(CNIL)委員⻑)

特別講演②
「GDPR適⽤開始によるビジネスへの影響」
クリストファー・クーナー ⽒(ブリュッセル⾃由⼤学教授)

パネルディス カッション
「グローバルビジネスにおけるGDPRへの対応」
パトリック・グラント ⽒(欧州経営者連盟 (BUSINESSEUROPE) アドバイザー)
ジョン・ミラー ⽒(⽶国情報技術産業協議会(ITI) 公共政策部⻑)
横澤 誠 ⽒(経団連国際戦略作業部会主査/京都⼤学⼤学院客員教授)
ボヤナ・ベラミー ⽒(Centre for Information Policy Leadership 代表)
新保 史⽣(個⼈情報保護委員会専⾨委員)

★個人情報保護法・マイナンバー制度運用のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40