個人情報の保護に関する法律に基づく指導について(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「個人情報の保護に関する法律に基づく指導について」発表しました。

個人情報保護委員会は、平成30年10月22日付けで、フェイスブックインクに対し、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)第41条及び第75条の規定に基づき、次のとおり指導を行いましたので、お知らせします。

  1. フェイスブック社が提供する「いいね!」ボタンが設置されているウェブサイトを閲覧した場合、ボタンを押さなくてもユーザーIDやアクセス履歴等の情報がフェイスブック社に送信されてしまう事案や、性格診断アプリにより取得した個人情報の一部がコンサルティング会社に不正に提供されていた事案が生じたことに対し、ユーザーへの分かりやすい説明や本人からの同意の取得の徹底及び同社がプラットフォーマーとしての責任を認識し、プラットフォーム上のアプリケーションの活動状況の監視を徹底すること等を求めた。
  2. 上記指導と併せ、本年9月末に公表された不正アクセス事案に関して、本人への通知、原因究明と再発防止策の策定、引き続き当委員会へ報告すること等を求めた。

【別添資料】
フェイスブックインクに対する指導について (PDF:123KB)

★個人情報保護法・マイナンバー制度運用のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40