第4回「中小企業人材マネジメント研究会」を開催します(経済産業省)

経済産業省は、第4回「中小企業人材マネジメント研究会」を開催する旨、発表しました。

手不足が人口構造的な課題となっている中、中小企業・小規模事業者が、必要な人材を発掘・確保・定着させることが重要です。
中小企業庁では、これまで「人手不足対応研究会(平成28年度)」、「人材力強化研究会(平成29年度)」を開催し、中小企業の人手不足対応について、ガイドライン等を策定・提言してまいりました。
本年度は、これまでの人材確保に関するガイドライン等を踏まえ、中小企業における人材マネジメントについて議論します。

1.背景・趣旨
第四次産業革命等の急激な変化の中、我が国産業は、労働人口の減少という構造的問題により、恒常的な「人手不足」に直面しています。
特に、中小企業・小規模事業者では、人材の不足感が著しく、経営の不安要素として年々拡大しています。
このような状況の中で、これまで「人手不足対応研究会(平成28年度)」、「人材力強化研究会(平成29年度)」を開催し、中小企業の人手不足対応について、ガイドラインの策定・提言や中核人材確保スキーム事業の実証事業を実施しているところです。
本年度は、人事部がないと言われる中小企業の人材マネジメントを議論するために、「中小企業人材マネジメント研究会」を設置しました。

2.第4回 中小企業人材マネジメント研究会について
日時:平成31年1月28日(月曜日)10時00分~12時00分
場所:経済産業省本館17階 第1特別会議室
議題:
成果物の確認
コミュニケーションツール
中小企業における人材マネジメント全体像
事例集フォーマット
実証及び調査の進捗
本研究会の報告書骨子案について
想定される課題
1~3についての検討

3.委員等
今野 浩一郎 学習院大学 名誉教授【座長】
宇佐川 邦子 株式会社リクルートジョブズ ジョブズリサーチセンター センター長
渋谷 厚 長崎県プロフェッショナル人材戦略拠点 マネージャー
保志 康徳 株式会社保志 代表取締役社長
正岡 稔 広島県よろず支援拠点 コーディネーター
宮島 忠文 株式会社社会人材コミュニケーションズ 代表取締役社長
山口 荘一 千葉県プロフェッショナル人材戦略拠点 マネージャー

4.配布資料
配布資料は、会議後、ホームページにおいて公表します。
担当
中小企業庁 経営支援部 経営支援課長 小山
担当者:佐藤、小林、竹村、帆足
電話:03-3501-1511(内線5331~5)
03-3501-1763(直通)

★働き方改革のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40