建設業の働き方改革(国土交通省)

国土交通省は、建設業の働き方改革についての資料を発表しました。

建設業法及び公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する 法律の一部を改正する法律案
背景・必要性
法案の概要
1.建設業の働き方改革の促進
○ 長時間労働が常態化する中、その是正等が急務。
※ 働き方改革関連法(2018年6月29日成立)による改正労働基準法に基づき、建設業では、2024年度から時間外労働の上限規制(罰則付き)が適用開始。
2.建設現場の生産性の向上
○ 現場の急速な高齢化と若者離れが深刻化する中、限りある人材の 有効活用と若者の入職促進による将来の担い手の確保が急務。
3.持続可能な事業環境の確保
○ 地方部を中心に事業者が減少し、後継者難が重要な経営課題と なる中、今後も「守り手」として活躍し続けやすい環境整備が必要。

詳細は、こちらをご覧ください。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40