8月、9月の随時改定予定者にかかる算定基礎届の提出について(日本年金機構)

日本年金機構は、8月、9月の随時改定予定者にかかる算定基礎届の提出について発表しました。

算定基礎届は、7月1日現在の全ての被保険者(6月1日以降に資格取得した被保険者等を除く)が提出対象となりますが、8月または9月に随時改定が予定されている被保険者について、事業主から申出をいただいた場合は、7月提出時において、算定基礎届の届出を省略することが可能です。届出省略の申出を行う場合は、次のとおり算定基礎届を作成の上、ご提出ください。

【紙媒体による届出の場合】
(1)報酬月額欄は記入せず、空欄としてください。
(2)備考欄の「3.月額変更予定」に〇を付してください。
<届書記載例>

届書記載例の画像

【電子媒体及び電子申請による届出の場合】
8月または9月の随時改定予定者を除いて算定基礎届を作成の上、ご提出ください(提出がないことをもって、事業主からの申出があったものとみなします)。

なお、当該被保険者について、8月または9月の随時改定の要件に該当した場合は月額変更届を、随時改定の要件に該当しないことが判明した場合は算定基礎届を、速やかにご提出ください。

※月額変更届または算定基礎届の用紙は、下記ページからダウンロードすることも可能です。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40