令和元年版高齢社会白書を公表しました(内閣府)

内閣府は、令和元年版高齢社会白書を公表しました。

高齢社会白書とは

高齢社会白書は、高齢社会対策基本法に基づき、平成8年から毎年政府が国会に提出している年次報告書であり、高齢化の状況や政府が講じた高齢社会対策の実施の状況、また、高齢化の状況を考慮して講じようとする施策について明らかにしているものです。

白書の構成

令和元年版高齢社会白書は、「平成30年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況」、「令和元年度 高齢社会対策」という2つの部分から構成されています。

「平成30年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況」では、第1章において、基礎的な統計資料等を用いて高齢化の状況について報告し、第2章では、平成30年度に政府が講じた高齢社会対策の実施の状況について、高齢社会対策大綱の構成に沿って報告しています。

また、令和元年度において講じようとする高齢社会対策について明らかにするとともに、平成29年度、平成30年度及び令和元年度の高齢社会対策関係予算の表を添付しています。

  • 入手方法等
    「高齢社会白書」は全国の政府刊行物サービス・センター、官報販売所等で購入できます。

高齢化の状況及び高齢社会対策の実施の状況に関する年次報告

平成30年7月20日、厚生労働省が「平成28年国民生活基礎調査」の結果の訂正について発表しました。
これを踏まえ、「平成30年版高齢社会白書」の記述について、別添(概要版(PDF形式:9KB)PDFを別ウィンドウで開きます全体版(PDF形式:11KB)PDFを別ウィンドウで開きます)のとおり訂正した箇所があります。

高齢社会白書一覧
年度 概要版 全体版 概要英訳版
令和元(2019)年版 概要 PDF版 全体版 PDF版

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40