対象となる障害と障害認定基準

障害年金の対象となる障害の種類と障害認定基準は、下の表(年金機構HP)です。

第1章 障害等級認定基準
 第1節 眼の障害 ⇒ こちら
 第2節 聴覚の障害 ⇒ こちら
 第3節 鼻腔機能の障害 ⇒ こちら
 第4節 平衡機能の障害 ⇒ こちら
 第5節 そしゃく・嚥下機能の障害 ⇒ こちら
 第6節 音声又は言語機能の障害 ⇒ こちら
 第7節 肢体の障害
  第1 上肢の障害 ⇒ こちら
  第2 下肢の障害 ⇒ こちら
  第3 体幹・脊柱の機能の障害 ⇒ こちら
  第4 肢体の機能の障害 ⇒ こちら
(参考)肢体の障害関係の測定方法 ⇒ こちら
 第8節 精神の障害 ⇒ こちら
 第9節 神経系統の障害 ⇒ こちら
 第10節 呼吸器疾患による障害 ⇒ こちら
(参考)「喘息予防・管理ガイドライン2009(JGL2009)」より抜粋 ⇒ こちら
 第11節 心疾患による障害 ⇒ こちら
 第12節 腎疾患による障害 ⇒ こちら
 第13節 肝疾患による障害 ⇒ こちら
 第14節 血液・造血器疾患による障害 ⇒ こちら
 第15節 代謝疾患による障害 ⇒ こちら
 第16節 悪性新生物による障害 ⇒ こちら
 第17節 高血圧症による障害 ⇒ こちら
 第18節 その他の疾患による障害 ⇒ こちら
 第19節 重複障害 ⇒ こちら
第2章 併合等認定基準
 第1節 基本的事項  第2節 併合(加重)認定  第3節 総合認定  第4節 差引認定 ⇒ こちら
別表1 併合判定参考表 別表2 併合(加重)認定表 別表3 現在の活動能力減退率及び前発障害の活動能力減退率 別表4 差引結果認定表 (参考)国民年金法施行令別表  厚生年金保険法施行令別表第1および第2 ⇒ こちら

 
★ご相談のフローは、こちらをご覧ください。
 

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40