令和元年度も「医療費のお知らせ」を送付します (全国健康保険協会)

全国健康保険協会は、令和元年度も「医療費のお知らせ」を送付しますと発表しました。

協会けんぽでは、加入者の皆様にご自身の治療等にかかった医療費について確認していただき、健康保険事業の健全な運営を図るために、年一回「医療費のお知らせ」を発行しています。

令和元年度の「医療費のお知らせ」は、主に、平成30年10月診療分~令和元年9月診療分までのものを、令和2年1月中旬から2月上旬に事業所様宛(任意継続被保険者の方は自宅)に送付いたします。

そのため、医療費のお知らせを医療費控除に活用する場合は、令和元年10月診療分~12月診療分については、医療機関等からの領収書に基づき作成した医療費控除の明細書を申告書に追加して添付する必要があります。

インターネットでの「医療費のお知らせ」について

協会けんぽのホームページから「ユーザID」と「パスワード」を取得いただくことで、毎月の医療費や窓口で支払った額など「医療費のお知らせ」と同様の情報をご確認いただけます。

このサービスは、加入者ご本人(被保険者)の方のみがご利用いただけます。事業主の方、加入者ご家族(被扶養者)の方はご利用いただけません。(加入者ご家族(被扶養者)の方の医療費情報は、加入者ご本人(被保険者)のID等を取得する際に、医療費の照会範囲「本人分および被扶養者分」を選択していただくと、照会可能です。)

インターネットによる医療費照会についてはこちら

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40