高年齢雇用継続給付について(厚生労働省)

厚生労働省は、高年齢雇用継続給付についての今後の課題についての資料を「第134回 労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会」の資料として公表しました。

<主な検討課題>
「成長戦略実行計画」(令和元年6月21日閣議決定)において示された、70歳までの就業機会の 確保に関して法制度上明示する選択肢の具体化等に向けて、今後、労働政策審議会(雇用対策 基本問題部会)において検討を行う。

○70歳までの就業機会の確保について
(1)事業主の努力義務とする措置の在り方ついて
① 基本的な考え方について (事業主の関与の具体的なあり方に関する各措置の間での均衡、労使での話し合いの仕組み等)
② 措置として事業主が実施する内容について
(2)事業主の履行確保を図るための仕組みについて
(3)事業主による措置の導入に伴って生じる対応について
(4)新たな制度の円滑な施行を図るために必要な準備期間について
(5)高齢者の活躍を促進するために必要な支援について

○65歳までの雇用機会の確保について
・ 高齢者のさらなる活躍の促進に資するための取組の強化について

詳細は、こちらをご覧ください。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40