「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します(厚生労働省)

厚生労働省は、「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表しました。

厚生労働省では、11月の「過重労働解消キャンペーン」の一環として10月27日(日)に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果をまとめましたので公表します。

今回の無料電話相談「過重労働解消相談ダイヤル」には、合計で269件の相談が寄せられました。相談内容としては、下記概要のとおり、「長時間労働・過重労働」に関するものが90件(33.4%)と一番多く、次いで「賃金不払残業」が69件(25.6%)、「休日・休暇」が31件(11.5%)、「パワーハラスメント」が29件(10.7%)となりました。

これらの相談のうち、労働基準関係法令上、問題があると認められる事案については、相談者の希望を確認した上で労働基準監督署に情報提供を行い、監督指導を実施するなど、必要な対応を行っています。

【相談結果の概要】 

相談件数  合計269件
■主な相談内容

(件数は相談内容ごとに計上。括弧内は相談件数269件に対する割合。

なお、1件の相談に対して複数の相談内容が含まれることもあるため、総合計が100%になりません。)

長時間労働・過重労働    90件(33.4%)

賃金不払残業                 69件(25.6%)

休日・休暇                   31件(11.5%)

■相談者の属性(括弧内は相談件数269件に対する割合)

労働者                180件(66.9%)

労働者の家族             53件(19.7%)

その他                   20件(7.4%)

■主な事業場の業種(括弧内は相談件数269件に対する割合)

商業                        32件(11.8%)

保健衛生業             32件(11.8%)
製造業                   28件(10.4%)

※ 「過重労働解消相談ダイヤル」では、次のような対応を行いました。

・相談者に労働基準法や関係法令の規定、解釈について説明
・相談者の意向も踏まえ、管轄の労働基準監督署や関係機関を紹介

過重労働解消キャンペーン
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/roudoukijun/campaign.html

【労働条件に関する電話やメールでの相談窓口】
都道府県労働局や労働基準監督署や、以下の窓口でも労働条件に関する相談を受け付けています。

■労働条件相談ほっとライン (厚生労働省委託事業)
[電話番号]0120-811(はい!)-610(労働) (無料)
[相談対応時間・曜日]月~金17:00~22:00、土日、祝日9:00~21:00

https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/lp/hotline/

■労働基準関係情報メール窓口
長時間労働・過重労働や賃金不払残業など、労働基準法などの違反が疑われる事業場の情報をメールで受け付けています。
お寄せいただいた情報は、関係する労働基準監督署・都道府県労働局において、立入調査対象の選定に活用するなど、業務の参考とさせていただきます。
 [受付対象となる法律] 労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法など
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/mail_madoguchi.html

★就業規則の見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40