全世代型社会保障検討会議(第5回)配布資料(厚生労働省)

厚生労働省は、全世代型社会保障検討会議(第5回)配布資料の中で、年金の受給開始時期の選択肢を75歳まで引き上げるとともに、60歳から64歳に支給される在職老齢年金について見直しを行う等の案を発表しました。

詳細は、こちらをご覧ください。

★就業規則の見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40