令和2年度予算のポイント (財務省)

財務省は、令和2年度予算のポイントを発表しました。

消費税増収分を活用した社会保障の充実、経済対策の着実な実行、歳出改革の取組の継続に より、経済再生と財政健全化を両立する予算。

1.社会保障の充実

○ 全世代型社会保障制度の構築に向け、消費税増収分を活用し、来年4月から、高等教育の無償化、 予防・健康づくりの取組など医療・介護分野の充実を実施。(国費+約1.2兆円)

・ 高等教育の無償化(+4,882億円) ・ 幼児教育・保育の無償化(+1,878億円) ・ 予防・健康づくりの取組の抜本的強化(+700億円) ・ 勤務医の働き方改革の推進(+183億円) 等

2.経済対策の着実な実行

○ 経済対策(財政支出13.2兆円)を実行するため、補正予算に加え、本予算で臨時・特別の措置を計 上し、東京オリンピック・パラリンピック後も見据えて、個人消費や投資を切れ目なく下支え。(国費 約1.8兆円)

・ キャッシュレス・ポイント還元事業(2,703億円) ・ マイナンバーカードを活用した消費活性化策(2,478億円) ・ すまい給付金(1,145億円) ・「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」の着実な実行(11,432億円) 等

3.歳出改革の取組の継続

○ 「新経済・財政再生計画」の下、歳出改革の取組を継続し、「目安」を達成。 ・社会保障関係費+4,111億円(高齢化による増)、非社会保障関係費+330億円(これまでの取組の継続) ○ 安倍内閣発足以来、国債発行額を8年連続で減額。(令和元年度:32.7兆円⇒令和2年度:32.6兆円)

詳細は、こちらをご覧ください。

★相続税の申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40