平成30年分の国外財産調書の提出状況について (国税庁)

国税庁は、平成30年分の国外財産調書の提出状況について 発表しました。

1 総提出件数 9,961件
※ 東京局 6,413 件 (64.4%) 大阪局 1,405 件 (14.1%) 名古屋局 719 件 (7.2%) その他 1,424 件 (14.3%)

2 総財産額 3兆8,965億円
※ 東京局 2 兆 8,458 億円 (73.0%) 大阪局 5,282 億円(13.6%) 名古屋局 2,190 億円 (5.6%) その他 3,034 億円 (7.8%)

3 財産の種類別総額 財産の種類 総 額 (構成比)

有価証券 2兆1,135億円 (54.2% )
預 貯 金 5,771億円 (14.8%)
建 物 4,360億円 (11.2%)
貸 付 金 1,880億円 (4.8%)
土 地 1,557億円 (4.0% )
上記以外の財産 4,261億円 (10.9% )
合 計 3兆8,965億円( 100.0% )

※ 令和元年6月末までに提出されたものを集計しています。
※ 四捨五入の関係により、総財産額と局別の財産額の合計額及び財産の種類別の 合計額は一致しません。 また、同様に財産の種類別の構成比の合計は 100%になりません。

詳細は、こちらをご覧ください。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40