労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)平均(速報)結果

総務省統計局は、労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)平均(速報)結果を発表しました。


2019年(令和元年)平均(速報)結果の要約(PDF:74KB)
2019年(令和元年)平均(速報)結果の概要(PDF:455KB) グラフを用いた解説
2019年(令和元年)平均(速報)結果の要約,概要,統計表の一括ダウンロード(PDF:752KB)


過去の結果の概要についてはこちらをご覧ください。


結果の要約


  • 完全失業率は2.4%と,前年と同率。完全失業者数は162万人と4万人減少
  • 就業者数は6724万人と,前年に比べ60万人増加
  • 就業率は60.6%と,前年に比べ0.6ポイント上昇
  • 正規の職員・従業員数は3503万人と,前年に比べ18万人増加。非正規の職員・従業員数は2165万人と45万人増加
  • 非労働力人口は4197万人と,前年に比べ66万人減少


※ご参考として,結果を見る際のポイントもご覧ください。


統計表


<利用上の注意>


以下の結果表はエクセルファイル形式です。


【2019年(令和元年)平均結果統計表】


第1表 就業状態別15歳以上人口,産業別就業者数,求職理由別完全失業者数(エクセル:20KB)


第2表 地域,就業状態別15歳以上人口(エクセル:27KB)


結果表・データベース



労働力調査 調査結果目次(全国結果)へ


★助成金・就業規則の見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40