サイバーセキュリティ インターネットの悪用による被害に遭わないために(政府広報オンライン)

政府広報オンラインは、「サイバーセキュリティインターネットの悪用による被害に遭わないために」を発表しました。

ンターネットを悪用した手口によるトラブルが後を絶ちません。個人や家庭では、パソコンやスマートフォンを通じた架空請求やワンクリック請求、企業や団体などでは、標的型攻撃メールをきっかけにしたウイルス感染や情報漏えいなど。そこで、インターネットを安全・安心に利用するため、家庭や職場などで心がけるべきサイバーセキュリティについて紹介します。
インデックス
家庭での被害が多い「架空請求」、「ワンクリック請求」。その対策は?
スマートフォン利用者の6割以上が「迷惑メール・架空請求メールの受信」を経験。架空請求やワンクリック請求に遭遇したら、「支払わない、連絡しない」「慌てて連絡をしない」ことが大事。また、ワンクリック請求の手口や対策を知っておきましょう。
もっと詳しく(約2,310字)
特定の企業や組織を狙う「標的型攻撃メール」。その対策は?
企業のセキュリティ対策のすきを突いてくる「標的型攻撃メール」。「不審なメール、あやしい添付ファイルは開かない」「標的型攻撃メールの特徴を知っておく」など、組織全体での情報共有や被害拡大防止が重要です。
もっと詳しく(約2,010字)
ぜひ家庭で確認を!被害を防ぐ「サイバーセキュリティ」9か条。
OSやソフトウェアは常に最新の状態に。パスワードは貴重品のように管理する。ログインID・パスワードは絶対教えない。身に覚えのない添付ファイルは開かないなど。情報セキュリティの9か条でご自身の対策を確認しましょう。
もっと詳しく(約1,690字)
インタビュー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 加賀谷伸一郎さん
もっと詳しく(約530字)
コラム
2月1日~3月18日は「サイバーセキュリティ月間」です。
もっと詳しく(約430字)

詳細は、こちらをご覧ください。

社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40