ビジネスパーソンに向けた、デザイン経営の事例集を取りまとめました(特許庁)

特許庁は、ビジネスパーソンに向けた、デザイン経営の事例集を取りまとめましたと発表しました。

特許庁は、デザイン経営について、ビジネスパーソンに気付きを得てもらうための「デザイン経営ハンドブック」と、デザイン経営に取り組んでいる企業の事例を紹介する「『デザイン経営』の課題と解決事例」を取りまとめました。
1.経緯
「デザイン経営」は、デザインの力をブランドの構築やイノベーションの創出に活用する経営手法です。
特許庁は、平成30年5月23日に「『デザイン経営』宣言」を取りまとめ、デザイン経営を推進しています。
今般、これからデザイン経営にチャレンジしたいと考えるビジネスパーソンの皆様の疑問を解消し、実践する際の参考にしていただくため、「デザイン経営ハンドブック」と「『デザイン経営』の課題と解決事例」を取りまとめました。
2.デザイン経営ハンドブックについて
「デザインにぴんとこないビジネスパーソンのための“デザイン経営”ハンドブック」は、デザイン経営のビジネスでの活用のため、「そもそもデザインシンキング(デザイン思考)とは何なのか?その意義と価値はどこにあるのか?なぜ、それがいま大事なのか?」に対する考え方や、デザイン経営を導入するにあたっての8つの課題などを具体的に記載しています。

3.デザイン経営の課題と解決事例について
「『デザイン経営』の課題と解決事例」は、「デザイン経営ハンドブック」でも取り上げたデザイン経営を導入するにあたっての8つの課題に対し、既にデザイン経営に取り組んでいる企業による課題を乗り越えるための工夫をまとめています。

3.公表資料
デザインにぴんとこないビジネスパーソンのための“デザイン経営”ハンドブック(2020年3月23日、特許庁)(PDF形式:8,789KB)
「デザイン経営」の課題と解決事例(2020年3月23日、特許庁)(PDF形式:985KB)
関連リンク
特許庁はデザイン経営を推進しています
デザイン経営宣言
担当
特許庁デザイン経営プロジェクトチーム
プロジェクトチーム長 今村
担当者:外山
電話:03-3581-1101 (内線4824)
03–3580-6920(直通)
03–5570-1588(FAX)

詳細は、こちらをご覧ください。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40