新型コロナウイルス感染症に関する両立支援等助成金制度(厚生労働省)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に関する両立支援等助成金制度について、雇用保険法施行規則の一部を改正する省令案を発表しました。

1.趣旨
今般の新型コロナウイルス感染症への対応として、家族の介護を行う必要がある労働者が、育児・介護休業法に基づく介護休業とは別に、有給休暇を取得 して介護を行えるような取組を推進するとともに、新型コロナウイルス感染症 に関する母性健康管理措置として、医師等の指導により、休業が必要な妊娠中 の女性労働者が、離職に至ることなく、安心して休暇を取得して出産し、出産後も継続して活躍できる職場環境の整備を図るため、両立支援等助成金の暫定的な特例措置を講ずることを内容とする雇用保険法施行規則(昭和 50 年労働省令第3号)の一部改正を行う。

2.改正の概要
⑴ 両立支援等助成金制度において、介護離職防止支援コース助成金制度として、令和2年4月1日から令和3年3月31 日までの間における①の有給休暇について①に該当する中小企業事業主に対して、②に定める額を支給するものとする。
① その雇用する被保険者について、新型コロナウイルス感染症に関する対応として、家族の介護を行うための有給休暇(介護休業(育児休業、介護 休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律第 24 条第2項の規定により、同法第2条第2号に規定する介護休業の制度に準じて講ずることとされる措置に係る休業を除く。)、同法第 16 条の5第1項に規定する介護休暇及び労働基準法第 39 条の規定により年次有給休暇として与えられるものを除く。以下同じ。)を与えるための制度(休暇日数を合算した日数が 20 日以上であるものに限る。)を整備する措置及び当該制度その他の就業と介護の両立に資する制度をその雇用する労働者に周知させるための措置を講じている中小企業事業主であって、その雇用する被保険 者に対して当該有給休暇を合計して5日以上取得させたもの
② 次の①に該当する被保険者が取得した有給休暇の日数を合計した数の区分に応じて、それぞれ当該規定に定める額(当該被保険者の数が5を超える場合のイ又はロによる支給については、合計して5人までの支給に限る。)
イ 10 日未満 被保険者1人につき 20 万円
ロ 10 日以上 被保険者1人につき 35 万円

⑵ 両立支援等助成金制度において、新型コロナウイルス感染症に関する母 性健康管理措置による休暇取得支援コース助成金を創設し、①に該当する
事業主に対して、②に定める額を支給するものとする。
① その雇用する被保険者であって、雇用の分野における男女の均等な機 会及び待遇の確保等に関する法律第 13 条第1項に基づく措置(新型コロ ナウイルス感染症に関するものに限る。以下「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置」という。)として休業が必要な妊娠中の女性労働者(以下「対象被保険者」という。)について、令和2年5月7日 から同年9月 30 日までの間に休暇(労働基準法第 39 条の規定による年 次有給休暇として与えられるものを除き、当該年次有給休暇について支 払われる賃金相当額の6割以上が支払われるものに限る。以下同じ。)を与えるための制度を整備する措置並びに当該制度及び新型コロナウイル ス感染症に関する母性健康管理措置の内容を労働者に周知させるための 措置を講じている事業主であって、対象被保険者に対して、同年5月7日から令和3年1月 31 日までの間に当該休暇を合計して5日以上取得させたもの ② 次の対象被保険者が取得した休暇の日数を合計した日数の区分に応じて、それぞれ当該規定に定める額(一の事業所につき、対象被保険者の数 が 20 を超える場合のイ又はロによる支給については、当該事業所につき 合計して 20 人までの支給に限る。)
イ 20 日未満 対象被保険者1人につき 25 万円
ロ 20 日以上 対象被保険者1人につき 25 万円に 20 日を超える 20 日 ごとに 15 万円を加算した額(その額が 100 万円を超えるときは、100 万円)

⑶ その他
その他所要の改正を行う。

3.根拠法令 雇用保険法(昭和 49 年法律第 116 号)第 62 条第1項第6号及び第2項

4.公布日等 公布日:令和2年6月上旬(予定) 施行期日:公布の日
(※ ⑴については令和2年4月1日以降に取得した⑴①の有給休暇につい て、⑵については同年5月7日以降に取得した⑵①の休暇について、それぞれ適用する。

詳細は、こちらをご覧ください。

【コロナウイルス対策の決定版】
雇用調整助成金及びテレワーク対応就業規則・テレワーク助成金申請支援の無料相談の詳細」⇒ こちらをご覧ください。

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★東京都感染拡大防止協力金(1事業所50万円、2事業所以上100万円)は、申請しましたか?
★行政応援の一環として、事業主の方は費用負担なく、円滑な申請に向け即日当事務所でチェック致します。
申請方法は、こちらをご覧ください。
★まずは、メールでお問い合わせください。⇒こちら
★第1回目の申請の際に、4月27日に当事務所でチェック申請したお客様が5月19日に支給の通知を受けられました!

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40