令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況(厚生労働省)

厚生労働省は、令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況を発表しました。

【調査結果のポイント】
・出生数は、865,234 人で過去最少 (対前年 53,166 人減少)
・合計特殊出生率は、1.36 で低下 (同 0.06 ポイント低下)
・死亡数は、1,381,098 人 で戦後最多 (同 18,628 人増加)
・自然増減数は、△515,864 人で過去最大の減少幅 (同 71,794 人減少)
・婚姻件数は、598,965 組で7年ぶりの増加(同 12,484 組増加)
・離婚件数は、208,489 組で増加 (同 156 組増加)

統計表
第1表  人口動態総覧の年次推移
第2表  人口動態総覧(率)の年次推移
第3表  出生数の年次推移,母の年齢(5歳階級)別
第4表  出生数の年次推移,出生順位別
第5表  死亡率(人口10万対)の年次推移、性・年齢(5歳階級)別
第6表  死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
第7表  死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)・死因順位別
第8表  人口動態総覧,都道府県(特別区-指定都市再掲)別
第9表  人口動態総覧(率),都道府県(特別区-指定都市再掲)別
第10表 主な死因の死亡数・死亡率(人口10万対),都道府県(特別区-指定都市再掲)別

概況 [1,506KB]
報道発表資料 [127KB]

★助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40