不妊治療・不育症治療と仕事の両立に取り組む企業を応援します!(東京都)

東京都は、不妊治療・不育症治療と仕事の両立に取り組む企業を応援します!と発表しました。

近年、晩婚化などを背景に「不妊症」の治療を受ける夫婦が増加しており、働きながら治療を受ける方は年々増加傾向にあると考えられます。また、毎年妊娠される方のうち数万人が「不育症」の可能性があるともいわれています。しかし、それらの検査・治療には時間を要することが多く、体力的・精神的な負担も大きい一方で、職場における休暇等のサポート制度の導入はまだ少ない状況にあります。
東京都では、不妊症や不育症の治療と仕事を両立できる職場づくりを進める企業を支援するため、「働く人のチャイルドプランサポート事業」を実施します。今年度は、新たに「不育症治療」に関する内容を追加するとともに、奨励金の規模を拡大し、企業の取組を後押しします。
1 不妊治療・不育症治療と仕事の両立に関する研修
不妊治療・不育症治療に関する基礎的な知識、両立に必要な人事労務上のポイントなど、従業員が働きながら治療ができる職場づくりに向けたノウハウを取得できます。
なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止等に配慮し、動画による配信を行います。
対象者 都内企業の経営者、人事労務担当者等(なお2の奨励金を申請する場合は、男女各1名の受講が必須です。)
受講時期 令和2年9月から令和3年1月まで
定員 500名程度(受講申込は先着順です)※別紙(PDF:727KB)参照
受講料 無料
時間 2時間程度

内容
不育症治療に関する内容を新たに追加
不妊治療・不育症治療の概要に関すること
不妊治療・不育症治療と仕事の両立に関すること
不妊治療・不育症治療と仕事の両立を支援する人事労務管理

申込方法
「TOKYOはたらくネット」から受講者の申込をしてください。
受講方法
申込者に対してご案内するURLから配信動画を視聴してください。
申込期間、配信日程、視聴方法等の詳細は、「TOKYOはたらくネット」で順次公開します。

2 不妊治療・不育症治療と仕事の両立支援奨励金 200社 詳細別紙(PDF:727KB)
従業員が不妊治療や不育症治療と仕事を両立できるよう、相談体制や休暇制度を整備する企業に両立支援奨励金を支給します。

★助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40