新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業で著しく報酬が下がった場合における標準報酬月額の特例改定

日本年金機構は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業で著しく報酬が下がった場合における標準報酬月額の特例改定のご案内を公表しました。

1.標準報酬月額の特例改定について

新型コロナウイルス感染症の影響により休業した方で、休業により報酬が著しく下がった方について、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定可能となりました。

特例改定の説明図

標準報酬月額の特例改定は、次の3つの条件を全て満たす場合に行うことが可能です。
(1)事業主が新型コロナウイルス感染症の影響により休業(時間単位を含む)させたことにより、急減月(令和2年4月から7月までの間の1か月であって、休業により報酬が著しく低下した月として事業主が届け出た月)が生じた方
(2)急減月に支払われた報酬の総額(1か月分)に該当する標準報酬月額が、既に設定されている標準報酬月額に比べて、2等級以上下がった方
※ 固定的賃金(基本給、日給等単価等)の変動がない場合も対象となります。
(3)特例による改定を行うことについて、本人が書面により同意している方
※ 被保険者本人の十分な理解に基づく事前の同意が必要となります。(改定後の標準報酬月額に基づき、傷病手当金、出産手当金及び年金の額が算出されることへの同意を含みます。)
※ 本特例措置は、同一の被保険者について複数回申請を行うことはできません。

制度の詳しい内容及び申請の手続きについては、以下を参照してください。

2.申請手続き及び申請に必要な書類

月額変更届(特例改定用)に申立書を添付し、管轄の年金事務所に郵送してください。(窓口で直接受け付けることも可能です。)
※通常の月額変更届・算定基礎届と提出先が異なりますので、事務センターへ郵送しないようご注意ください
※通常の月額変更届と様式が異なりますので、ご注意ください。
※特例改定の届出を行うか否かにかかわらず、通常の算定基礎届の提出は変更なく必要となります。

標準報酬月額の特例改定にあたり、電子証明書を利用した「e-Gov」からの電子申請の受付を開始しました。
※電子申請全般の申請手続きについては「電子申請(e-Gov)」を参照願います。(特例改定の届出はGビズIDを利用した電子申請、電子媒体による申請には対応しておりませんので、ご留意ください。)
※「e-Gov」上での申請は、「健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額変更届(特例)/厚生年金保険70歳以上被用者月額変更届(特例)電子申請用送付書」を選択し、「被保険者報酬月額変更届(特例)」及び「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う標準報酬月額の改定に係る申立書」をPDFもしくはJPEG形式のファイルで電子添付して申請してください。

申請書類は以下からダウンロードできます。

【参考様式】

※ 被保険者本人からの書面による同意にあたっては、上記【参考様式】をご利用いただくことができますので、ご活用ください。また、他の様式による場合にも、少なくとも上記【参考様式】と同程度の内容について同意を求めていただくようお願いします。
※ エクセル版については、ご利用の端末の設定により、印刷位置がずれる場合があります。印刷の前に、余白設定やレイアウトをご確認いただき、印刷していただきますようお願いします。

お問い合わせは「ねんきん加入者ダイヤル」までお気軽にご相談ください。

【無料個別を相談会】ウィズコロナ時代の中小企業の労務管理~新型コロナウイルス第2波に備えましょう!>⇒ こちらをご覧ください。

 

助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

第2回東京都感染拡大防止協力金
★行政応援の一環として、事業主の方は費用負担なく、円滑な申請に向け即日当事務所でチェック致します。
申請方法は、こちらをご覧ください。
★まずは、メールでお問い合わせください。⇒こちら

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40