令和2年7月分以降の国民年金保険料免除・納付猶予申請のご案内(日本年金機構)

日本年金機構は、臨時特例措置による国民年金保険料の免除または納付猶予が令和2年6月分まで承認された方へ、令和2年7月分以降の国民年金保険料免除・納付猶予申請のご案内をお送りしますと発表しました。

新型コロナウイルス感染症の影響により、国民年金保険料の納付が困難となったため、令和2年6月分までの国民年金保険料の免除または納付猶予が承認された方へ、令和2年7月分以降の国民年金保険料免除・納付猶予申請のご案内をお送りします。
免除等の申請をされる場合には、必ず「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」及び「簡易な所得見込額の申立書」の2つの書類を、同封しております返信用封筒により郵送してください。

なお、既に国民年金保険料免除・納付猶予申請書を提出されている場合や、会社にお勤めで厚生年金保険に加入されている場合などには、行き違いにより送付されることがありますので、ご了承ください。
また、国民年金保険料の納付を希望される場合は、国民年金保険料免除・納付猶予申請書の提出の必要はありません。
納付については、こちら(国民年金保険料)をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により納付が困難になった場合の臨時特例免除の詳細については、こちら(新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について)をご覧ください。

お送りするもの

発送日

令和2年7月中旬、8月中旬、8月下旬(3回に分けて送付)

お問い合わせ先

ご不明な点は、ねんきん加入者ダイヤルまたは年金事務所へご連絡ください。

※申請書等を直接提出していただくことも可能ですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、できる限り郵送による手続きをご利用ください。

【8月26日無料オンラインセミナー】「本格取り組みテレワークの導入ステップと労務管理上の注意点」⇒ こちらをご覧ください。

★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40