「緊急小口資金(特例貸付)」と「総合支援資金(生活支援費)」について(経済産業省・中小企業庁)

経済産業省・中小企業庁は、「緊急小口資金(特例貸付)」と「総合支援資金(生活支援費)」について発表しました。

「緊急小口資金(特例貸付)」と「総合支援資金(生活支援費)」は、新型コロナウイルスの影響による休業等により、一時的に資金が必要になった方に対して、一時的に生活資金などを貸付ける支援制度です。どちらの制度も、「無利子・保証人なし」でも生活資金を借りることができます。
両制度とも申込窓口は、お住いの市町村の「社会福祉協議会(社協)」になります。
※緊急小口資金については、労働金庫連合会(ろうきん)、郵便局でも受け付けています。

緊急小口資金(特例貸付)

対象

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、 緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を必要とする方

緊急小口貸付金 対象 イラスト

貸付額 20万円以内
返済について
  • ・据置期間 1年以内
  • ・償還(返済)期間 2年以内
  • ・連帯保証人不要、無利子

緊急小口貸付金 無利子・保証人不要

緊急小口貸付金 返済について イラスト

申込先
  • ・お住まいの市町村社会福祉協議会(社協)(窓口及び一部郵送
  • ・労働金庫連合会(郵送のみ)
  • ・取扱郵便局(窓口のみ)

手続きの流れ・必要書類等はコチラからご確認ください

総合支援資金(生活支援費)

対象

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、 日常生活の維持が困難になっている方

総合支援資金 対象 イラスト

貸付額 世帯人数2人以上:月額20万円以内
単身:月額15万円以内
※本資金は、緊急小口資金(特例貸付)と同時に貸付けることはできません。
貸付期間 原則3か月以内(例:月額20万円×3か月=貸付額60万円)
返済について
  • ・据置期間 1年以内
  • ・償還(返済)期間 10年以内
  • ・連帯保証人不要、無利子

総合支援資金 無利子・保証人不要

総合支援資金 返済について イラスト

申込先 お住まいの市町村社会福祉協議会(社協)

手続きの流れ・必要書類等はコチラからご確認ください

詳細情報はコチラ

厚生労働省 詳細情報

【8月26日無料オンラインセミナー】「本格取り組みテレワークの導入ステップと労務管理上の注意点」⇒ こちらをご覧ください。

★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40