心理的負荷による精神障害の認定基準について(厚生労働省通達)

厚生労働省は、通達「心理的負荷による精神障害の認定基準について」を発表しました。

心理的負荷による精神障害の労災請求事案については、平成11年9月14日付け基発第544号「心理的負荷による精神障害の業務上外に係る判断指針」(以下「判断指針」という。)に基づき業務上外の判断を行ってきたところであるが、今般、「精神障害等の労災認定の基準に関する専門検討会報告書(平成23年11月)」の内容を踏まえ、別添の認定基準を新たに定めたので、今後は本認定基準に基づき適切に判断されたい。
なお、本通達の施行に伴い、判断指針は廃止する。

心理的負荷による精神障害の認定基準は、こちらをご覧ください。

(ご参考)
精神障害の労災認定基準に「パワーハラスメント」を明示します(令和2年6月)
⇒ こちらをご覧ください。

★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40