【最新情報】持続化給付金の申請と給付について(経済産業省・中小企業庁)

経済産業省・中小企業庁は、【最新情報】持続化給付金の申請と給付について発表しました。

持続化給付金の給付についての現在の状況【2020.10.06更新】

持続化給付金の給付の推移(申請件数、支給件数、支給総額)

持続化給付金は、10月5日までに、約346万件の中小企業・個人事業者のみなさまにお届けし、既にお届けした額は約4.5兆円になっています。

給付までにかかった日数の割合

既にお届けしている方について、申請から給付までにかかった日数の割合です。

※9月については、現行事務局((「~8/31申請受付分等」持続化給付金事務局)と新事務局(「~8/31申請受付分等」持続化給付金事務局)が併存したため、新事務局による実績などを公表するものです。

申請の流れについて

申請、審査、給付までの流れ

申請を受けてから審査し、実際に給付されるまでの流れは、以下のとおりです。

申請に必要な記載や提出資料の添付、さらに不備のあった場合の修正作業など、申請にかかる手続きは、全て持続化給付金ホームページ上のマイページで行います。

申請に不備や疑義がなければ、概ね2週間で振込を行います(※「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者向け」の申請を利用した場合は、通常の事業収入での申請に比べ、入金までに時間がかかります)。
申請に不備があった場合や事務局側で審査・補正作業に時間を要した場合には、2週間程度経過した時点で、「入金までにしばらくお待ちいただきたい」旨をメール及びマイページで連絡しております。

これまで以上に、個別のケースに寄り添った対応を行うべく、事務局から不備連絡をお送りする際に、より個々の不備内容に即した対応方針をお示しするとともに、メールでの対応では不備解消が困難と判断した場合には、サポート会場にご案内し、対面での個別対応により、不備の解消をサポートしております。

実際に給付金を振り込まれた場合には、マイページ上での案内はなく、登録住所へ給付通知ハガキを送付致します。なお、ハガキがお手元に届く時期が、実際の口座への振り込み時期と前後することがございます。

確認を必要とする項目や不備がある場合の対応について

申請いただいた内容に不備や疑義がなければ、概ね2週間で給付させていただいておりますが、申請されたものには、何らかの確認を必要とする項目や不備があるものもあり、その場合には、給付までにお時間を要してしまうことになります。迅速に給付金をお届けするためにも、申請の際などには、できるだけ以下のよくある不備の内容をご確認いただければと思います。

よくある不備の内容

  • 昨年や対象月の売上額について、申請内容と証拠書類の記載内容が異なる
  • 申請された口座番号や口座名義に誤りがあり、送金ができない 等
  • ※その他よくある不備は、事務局HPに掲載されております。

    修正申請の流れ

    事務局HPにて、不備通知が来た際の作業方法を案内しております。

    お問合せ先

    持続化給付金事業コールセンター

    受付時間:8時30分~19時00分(土曜祝日を除く日曜~金曜日)

      • ◆8月31日までに申請された方直通番号:0120-115-570
        IP電話専用回線:03-6831-0613
        LINEアカウント LINE ID:@kyufukin_line
        LINE用QRコード

    ★テレワーク導入をご検討の方は、テレワーク導入のステップと労務管理について、無料相談を行っています。
    詳細は、こちらをご覧ください。

    ★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

    ★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

    tbhl2r40