令和元年分民間給与実態統計調査結果について(国税庁)

国税庁は、令和元年分民間給与実態統計調査結果について発表しました。

1 調査の概要
民間給与実態統計調査は、統計法に基づく基幹統計であり、昭和 24 年分から始まり、今回が第 71 回目に当たる。この調査は、民間の事業所における年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、併せて、租税収入の見積り、租税負担の検討及び税務行政運営等の基本資料とすることを目的としている。
2 調査の結果のポイント
⑴ 民間給与の動向
イ 給与所得者数
民間の給与所得者数は 5,990 万人。前年比 78 万人(1.3%)増。
ロ 給与総額及び源泉徴収税額
給与の総額は 231 兆 6,046 億円。前年比8兆 563 億円(3.6%)増。
源泉徴収された所得税額は 11 兆 1,395 億円。前年比 744 億円(0.7%)増。
⑵ 1年を通じて勤務した給与所得者
イ 平均給与
全体の平均給与は 436 万円(前年比 1.0%減)。
男性 540 万円(前年比 1.0%減)、女性 296 万円(同 0.8%増)
正規 503 万円(前年比 0.0%減)、非正規 175 万円(同 2.5%減)
ロ 業種別の平均給与
最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の 824 万円、次いで「金融業,保険業」の 627 万円、最も低いのは「宿泊業,飲食サービス業」の 260 万円。
ハ 納税者数及び税額
1年を通じて勤務した給与所得者 5,255 万人のうち、源泉徴収により所得税を納税している者は 4,460 万人で、その割合は 84.9%(前年比 0.2%減)。
また、その税額は 10 兆 7,737 億円で、給与総額に占める税額の割合は 5.04%(前年比 0.06%減)。
(注)
1 令和元年分調査より、標本設計の変更を行っており、その影響により一年を通じて勤務した給与所得者の人員・給与総額等の復元方法も一部変更している。
2 令和元年分調査は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による緊急事態宣言発令を踏まえ、事業所への疑義照会や督促を中止したことに伴い、調査票の回収率が低下しており、地域・業種別等のサンプル数の少ない一部統計表に影響が生じている。

続きは、こちらをご覧ください。

★テレワーク導入をご検討の方は、テレワーク導入のステップと労務管理について、無料相談を行っています。
詳細は、こちらをご覧ください。

★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40