令和3年分の基準年利率について(法令解釈通達)<国税庁>

国税庁は、令和3年分の基準年利率について(法令解釈通達)下記内容を発表しました。

令和3年中に相続、遺贈又は贈与により取得した財産を評価する場合における財産評価基本通達(昭和39年4月25日付直資56ほか1課共同)4-4に定める「基準年利率」を下記のとおり定めたから、これによられたい。
なお、令和3年4月分以降については、基準年利率を定めた都度通達する。

○ 基準年利率

(単位:%)
区分 年数又は期間 令和3年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
短期 1年 0.01 0.01 0.01
2年
中期 3年 0.01 0.01 0.01
4年
5年
6年
長期 7年
以上
0.1 0.25 0.25

(注) 課税時期の属する月の年数又は期間に応ずる基準年利率を用いることに留意する。

★【6月11日、18日、25日 開催】無料オンラインセミナー「45分でぎゅっと解説 HR労務知識」のご案内 ➡ 詳細は、こちらをご覧ください。
★無料相談会「キャリアアップ助成金」を活用しよう!(ZOOMによるオンライ説明会も可能です、まずはご相談ください。)
詳細は こちらをご覧ください。
★労務相談・助成金・労働基準法・就業規則見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。
★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40