働き方改革関連法による改正労働者派遣法に関する「労使協定方式」についてQ&A(厚生労働省)

厚生労働省は、働き方改革関連法による改正労働者派遣法に関する「労使協定方式」についてQ&A(第2集)を発表しました。

働き方改革関連法による改正労働者派遣法により、派遣元事業主は、
1「派遣先均等・均衡方式」(派遣先の通常の労働者との均等・均衡待遇の確保)、
2「労使協定方式」(一定の要件を満たす労使協定による待遇の確保)
のいずれかの待遇決定方式により派遣労働者の待遇を確保することとされ、令和2年4月1日に施行されます。
このうち、2「労使協定方式」については、「同種の業務に従事する一般労働者の賃金」と同等以上であることが要件となっています。

今回、上記「労使協定方式」についてQ&A(第2集)については、こちらをご覧ください。

8月に発表された第1集のQ&Aについては、こちらをご覧ください。

★社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40