「令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を公表します (厚生労働省)

厚生労働省は、「令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を公表しました。

厚生労働省では、このほど、「令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を取りまとめましたので、公表し ます。 「賃金構造基本統計調査」は、全国の主要産業に雇用される労働者の賃金の実態を、雇用形態、就業形態、職種、 性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにすることを目的として、毎年6月分の賃金等について7月に調 査を実施しています。 今回公表する内容は、新規学卒者の令和元年初任給(6月分)の結果で、調査客体として抽出された10 人以上の 常用労働者を雇用する民間の事業所のうち、有効回答を得た事業所の中で新規学卒者を採用した15,349 事業所から、 初任給が確定している14,942 事業所について集計したものです。

【調査結果のポイント】

1 学歴別にみた初任給 ・男女計の初任給は、全ての学歴で前年を上回った。

男女計 大学院修士課程修了 238,900円(前年比 0.1%増)
学卒 210,200 円( 同  1.7%増)  
高 専 ・ 短 大 卒 183,900円( 同  1.4%増)  
高校卒 167,400円( 同  1.4%増)

・大学卒及び高校卒の初任給は、男女とも前年を上回った。  
大学卒————————————————-高校卒
男性 212,800円(前年比 1.3%増)  男性 168,900円(同 1.4%増)
女性 206,900円( 同  2.1%増)  女性 164,600円(同 1.4%増)

2 企業規模別にみた初任給 大学卒及び高校卒の初任給を企業規模別にみると、男女とも大企業(常用労働者1,000 人以上)、中企業(同 100~999 人)及び小企業(同10~99 人)の全ての企業規模において前年を上回った。   

大企業———————————————–中企業—————————-小企業

大学卒  男性  215,900 円(前年比0.8%増)  211,100 円(同 2.0%増)  206,000 円(同 1.4%増)     
女性  209,700 円(前年比1.9%増)  205,200円(同 2.2%増)  201,800 円(同 2.4%増)
高校卒  男性  169,100 円(前年比1.3%増)  167,600円(同 1.5%増)  171,800 円(同 1.7%増)
女性  166,900 円(前年比0.8%増)  163,600 円(同1.0%増)  163,800 円(同 3.0%増)

本調査については、調査計画では調査員調査であるのに郵送調査を実施していたことなどを踏まえ、令和元年調査 より調査計画を変更して実施しております。
詳細は、別添概況をご覧ください。

★就業規則の見直し・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

tbhl2r40