毎月勤労統計調査 令和元年分結果確報(厚生労働省)

厚生労働省は、毎月勤労統計調査 令和元年分結果確報を発表しました。

当調査においては、本来「500人以上規模の事業所」については全数調査すべきところ、一部抽出調査を行い、かつ抽出 調査を行う場合に行う必要がある統計的処理を平成16年から平成29年までの間行っておりませんでした。国民の皆さま、統計に関わる皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。詳しくは、平成31年1月11日の公表資料に掲載しています。(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03207.html)
令和元年6月分速報から、「500人以上規模の事業所」について全数調査による値に変更しましたのでご注意ください。
なお、平成30年11月分確報から、掲載する数値を東京都の「500人以上規模の事業所」についても復元して再集計した値(再集計値)に変更しています。

(前年と比較して)   
○ 現金給与総額は322,612円(0.3%減)となった。うち一般労働者が425,203円(0.3%増)、パートタイム労働者 が99,765円(前年と同水準)となり、パートタイム労働者比率が31.53%(0.65ポイント上昇)となった。
なお、一般労働者の所定内給与は313,697円(0.6%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与は1,167円(2.7%増)となった。  
○ 就業形態計の所定外労働時間は10.6時間(1.9%減)となった。  
○ 就業形態計の常用雇用は2.0%増となった。
※平成31年1月に30人以上規模の事業所の標本の部分入替えを行いました。1月は入替え前後の両方の事業所を調べており、新旧事業所の結果を比較したところ、現金給与総額では-2,532円(-0.9%)、きまって支給する給与では-1,576円(-0.6%)の断層が生じています。  
※平成30年に基準とする母集団労働者数(ベンチマーク)の更新を行ったため、平成30年においてはベンチマークの違いによる断層が発生していました。平成31年はベンチマーク更新を行わないため、ベンチマークの違いによる断層はありません。

詳細は、こちらをご覧ください。

★4月から中小企業に導入される「働き方改革」に伴う就業規則の見直しは、終わられましたか?
・社会保険・労働保険・給与計算のご相談は、どこよりも相談しやすい社会保険労務士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40