相続税法基本通達の一部改正について(法令解釈通達)<国税庁>

国税庁は、相続税法基本通達の一部改正について(法令解釈通達)を発表しました。
4月1日から施行される配偶者居住権に関するものです。

標題のことについては、下記のとおり定め、令和2年4月1日から適用することとしたから、これによられたい。
(趣旨)
 所得税法等の一部を改正する法律(平成31 年法律第6号)の施行等に伴い、所要の整備を行うものである。

 「相続税法基本通達」について、別紙の「新旧対照表」の「改正前」欄に掲げる部分を「改正後」欄のように改める。

詳細は、こちらをご覧ください。

★資産税・相続税・贈与税の申告・確定申告・税務・会計・経営に関するご相談は、どこよりも相談しやすい税理士事務所「KKパートナーズ」にご相談下さい。

tbhl2r40